たまに風俗でテンションが上がる時があります。そういう日はとても気分が良くなるので最高です!そんな日は体験談を知ったり書いて忘れないようにしています。

幻の風俗嬢

最近は風俗店のHPのみならず、いろんな口コミサイトがあります。いざ風俗を利用しようとしても、気軽に何度も利用できる金額でもないので、事前の情報収集は力が入ってしまいます。店の謳い文句は、額面通りに受け取れないという事でもないけど、好みに合わなければがっかりしてしまうのも風俗なのです。某デリヘルのHPにすごくきれいでスタイルの良い嬢が掲載されていました。出勤情報を見るといつも「TEL確認」となっていて、実際に在籍しているかどうかも微妙だと感じていました。その辺りは口コミサイトも同じ流れなようで、実際に自分と同じように気になった人によれば「問い合わせても休みばかり」という事でした。やっぱりそうなのかなぁと半ばあきらめていたのですが、ある日自分も思い切って問い合わせてみました。すると出勤予定があるとの事で早速予約し、当日を迎えました。来たのは超がつく上物の嬢でした。事情があるらしく、出勤自体レアな幻の嬢との時間は忘れられないものとなりました。

風俗でおっぱいを堪能した。

風俗は、男性にとっては性欲を満足させてくれる所です。普段、女性とは縁のない生活を送っている男性は女性に触れる生活はないですし、また出会いなどなく悶々としています。でも風俗では女性に触れることが出来しかもおっぱいやあそこをまじまじと見ることが出来ます。女性と言ったらやはりおっぱいです、いろいろな形があり大きさや色などありまた触れることも舐めることもできおっぱいで満足できますね。時間いっぱいまでおっぱいを触りまくり吸いまくり、交代の時間になり違う女性のおっぱいをまた触れて触り吸って楽しめました。色とりどりのおっぱいは人それぞれ形や色もまた大きさも違います、それこそ十人十色ですね。好みの胸に出会うといつもより熱心におっぱいに食いつきます、揉みしごきながら柔らかさや匂いを嗅いで乳首を吸って性欲を満足させて煩悩を晴らしますね、このような低料金で長く楽しめる風俗店が一番いいのですがなかなかないので常連になってしまいました。

ぽっちゃり熟女を扱う風俗

僕は風俗のなかでもデリヘルが好きでしょっちゅう利用しています。40代独身男性でそれなりに貯金もあるので月に数回はお願いしていると思います。自分で店に出向くのが面倒なのでデリヘルを利用しているのですが、利用頻度が高くて最近は普通のデリヘルでは物足りなくなってきました。そこで、数日前に風俗専門の検索ページからちょっと変わったデリヘルを探しました。デリヘルなんてみんな一緒かもと思いながら検索すると、ぽっちゃり系の熟女ばかり扱っている店があったので驚きました。今まではスレンダーな若い子ばかりに相手をしてもらっていたのでこれはおもしろいと思い、指名なしでさっそくきてもらうことにしました。来てくれた僕と同じ40代女性のA子さんは見た目どこにでもいる普通の女性だったため、とても風俗で働いているとは思えませんでした。初め、間違って家にきてしまったのかと思ったくらいです。ですが驚きのテクニックでぼくを気持ちよくさせてくれて、包容力もありました。熟女のぽっちゃり女性は若い子にない魅力があって良いですね。数日後に今度は僕から彼女を指名したいです。

容姿端麗な上にサービスも良かった風俗嬢

指名料金が勿体無かったので、風俗で女の子の指名は経験していませんでした。ところが、女の子を指名しない風俗を振り返ってみると、そんなに満足していないことに気付きました。もちろん、手コキをさせたり、フェラをしてくれたりなどは、気持ち良いです。しかし、女の子の顔や身体を良いと素直に思えることは、より興奮することになるので、仕方なく風俗で女の子を指名しました。指名するからには最高の女の子と遊びたいので、デリヘル店のホームページを50店舗閲覧し、全ての嬢のプロフィールを確認しました。その中で選んだのが27歳のMさんです。選んだポイントは、容姿端麗な上に口コミでの評判が良かったからです。しかし、会うまでは油断できないので、冷静を装ってMさんにお会いしたところ、その美しさに思わず顔がほころんでしまいました。まさに美女といったMさんは、雑誌モデルのようにキラキラした女性です。また、容姿端麗なだけではなく、受けも責めも一流だと感じました。受けの際は徹底的にM女で、責める時は痴女となり、まるで女優のような印象を受けました。

感じ合うのが風俗

ある風俗を利用した時の出来事です。派遣型のデリヘルで、来たのは30代前半の○○さんです。見事なプロポーションは年齢を感じさせません。プロポーションもそうですが、肌質や髪なども含め、全体的にきれいな人でした。入浴時それは既に分かっていましたが、同時に使いこまれた恥部はギャップを感じるものでした。女性の歴史はアソコを見れば感じられます。ベッドでは四つん這いになってフェラしてきます。肛門や袋も責めるスタイルで、この辺りは若い風俗嬢にはマネの出来ない芸当です。それだけで勃起度は上がりますが、もっとすごい光景もありました。四つん這いになってフェラをし、自らの乳首をシーツで刺激し、股間に挟んだ枕で恥部を刺激しているのです。自分も胸を触ったりしていましたが、枕プレーは意外でした。フェラしつつ自らも感じているのです。この光景とフェラ自体のねっとり感、そして響く卑猥な音ですぐに果ててしまいました。風俗はこういう発見があるので止められません。